スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の負けパターン

自分の負けパターンを知るって大事ですよね!

勝っている人は同じことを繰り返しています

負けている人も同じことを繰り返しています


しかし、負けているときというのは、自分の負ける理由がわからず、
勝ちパターンだけを探しに行くんですね。

勝っている人を見ては、
どうしたら勝てるか??っていつも考えて。。。

勝ち方がわかれば、成功するって思っている時期があるんです。

しかし、忘れてはいけないのは、自分の 負けパターン。

何度でも自分の負けトレードを振り返る。

トータルで負けているときというのは、ラッキーで勝って、実力で負けている
ことが多いのかもしれませんよ。

順張りで少し勝って、逆張りで大きく負けてる、、、 とか、

トータルで負けるときに、自分のトレードはいったい、
何が足を引っ張っているか?

そこでエントリーした理由は何??

自分だけにしかわからない理由があるはずです。

自分の負けトレードがわかってくると、じゃー、その場面にきたら、今度はこうしよう!って
なります。


DMM FXは初心者向け
スポンサーサイト

naoさんのコメントに感謝します

naoさんがくれたコメントがあまりにも素晴らしいので
多くの方に読んでもらえたらと思い、
こちらで紹介させて頂きます。

naoさん、困るようでしたら言ってください^^。


以下、naoさんのコメント欄より
----------------------------------------------------------------------

私も1時間足レベルの流れや節目はもちろん意識しているのですが、
チャートの方向とレートの位置だけでポジションを取ると、
自分が下げ止まり反転上昇かと思っていたポイントよりもう一段下げて、
私の様な真っ正直(笑)な買い方を振るい落としてから
本当に下げ止まり反転上昇することもあったりして、
自分が切らされた後に予想通りの展開にされた・・なんてことに、
私の場合はなることがあるんです。

なので、じゃあ実際に私がどういう状態の時にエントリーしてるのかってことなんですけど、

1分足から5分足レベル位まででブレイク級の勢いが確認できる時・・
と言う感じです。

う~ん、もっと具体的に説明すると、

例えばMT4のADXDMI、パラメーターはデフォルトの14で、
1分足から5分足の-DIがほとんど直角、
話半分でも80度位の鋭角で急上昇して相場が急落し始めた時です。

ADXDMIと言うと一般的にはADXが25以上に上昇したら・・とか聞くことがありますが
私はそんなの気にしてないです。
私が注視するのは前述の-DIの立ち上がり角度と、
-DIと+DIの乖離幅です。

-DIの上昇レベルはあまり気にしていないのですが、
1分足で20程度、5分足で30~40位でしょうか。

また、-DIが急上昇してるけど、+DIもまだ上にある・・と言う様な、

いわゆるチャートがイッテコイのV字トレンドの様になっている時は
動意が出ていても私は狙わないんです。

-DIが急上昇かつ+DIは底にベタベタ、±DIが高乖離の状態、
いわゆるレンジブレイク、
目先の相場が水平の状態から下落方向に動意が起こった時だけ私はやるんです。

ブレイク狙いと聞くと値幅が狙える・・と言うイメージがあるかも知れないですが、
私のはそうじゃなくてブレイクで入って数pipsずつ利確していくスキャです。

ブレイクと言っても私が指しているのは
1分足5分足のボリンジャーバンドスクイーズ~エクスパンション程度のことなので、
一般的にはプチ・ブレイクと言った程度だったり、
場合によっては1分足2~3本の動意で終わってしまうこともあります。

レンジブレイクはブレイク不発でダマシになることが多いとかおっしゃる方もおられますが、

それはレンジブレイク=利幅狙いだと常識的に
考えすぎておられるからではないでしょうか。

結果的にはダマシに終わろうが、
最初から数pips狙いで、利益はロットの大きさで出す、
という発想を持っていれば初動の動意だけでも十分に
美味しい収益機会に仕立てることができるのですが。

これが現状の私の稼ぎの主軸の一つです。

pipsの幅でまとめて稼ごうと思ったら日によっては
トレードチャンスが無かったり、あるいはチャンスがあっても見逃してしまって、
あせりから難しい所で分が悪い勝負とか手を出してしまいドツボにハマる・・
とか無いとも私も言い切れないので(汗、

どちらかと言うと私は、利益はロットの大きさで出すもの・・と
考えているタイプでしょうか。

私もクラークさんの様な狙いすました鋭いトレードができれば良いのですけど、
私は毎日稼げないとすぐ精神状態が不安定になってしまうので・・(笑)
どうしても利確最優先のトレードになりがちです。

別収入があったら、
私ももう少し余裕のあるトレードができるかも知れないですね。

あと、私のトレードの傾向なんですけど、売りは順張り、
買いは逆張りが多いですね。

買いは5分足レベルとかで急落オーバーシュートした時のリバウンド狙いでしょうか。

すなわち私は、相場の性質から速度の速い下落方向に順で乗るか、
急激に落ちたから急激に自立反発する瞬間を逆で買うかが好きみたいです(笑)

なので、上昇トレンドの時はショートロング共に私はあまりやることなしですww

上昇トレンドの時は上昇する速度が下落する時の速度より穏やかだったり、
あるいはかなり大きな押し目を入れながら自分が諦めたころに再上昇したりと、

上昇トレンドを順で買っていくのは下降トレンドを順で売るのより、
私は何となく時間的リスクを感じるんですよね。

さらに、上昇する速度が穏やかなぶん、
それに比例して反落する際の速度も穏やかになることや、
あるいは高止まりしてもみ合ったりと、
上昇トレンドを逆で売っていくのも私としてはリスクと割が合わないというか、
何だかな~wwって感じですww

もちろん、一旦落ちだしたら速いんですけど、
落ちだすまでがじれったくて、それまでに何度かロスカットになったりして、
いざ反落しても思ったほどではなかったりと・・

なので私は、下落方向は急激に落ちるからこそ、
急激に自立反発する・・と考えているので買いは逆張りが多いですね。

思わず長文駄文を書いてしまってごめんなさいww

ちなみに、
私の実際のトレードではADXDMIも見ていないことが多いのですが、
ADXDMIが私が好んでエントリーする時の相場の状態を数値的に表して
一番具体的に説明できそうな気がしたので、
説明に使わせていただきました。

結局の所、以前コメントさせていただいた時と同じく、
誰が見ても一方向に相場が傾いている時・・
その相場状態を今日はADXDMIで説明しただけみたいです(汗

---------------------------------------------------------

naoさん、本当にここまで一生懸命書いてくださってありがとうございます。
きっと、かなりの時間をかけて書いてくださいましたよね。





もっとnaoさんを知りたい方、naoさんのブログをまだご存知ない方は
http://naofx21.blog16.fc2.com/
へいってみてください。





逆指値トレード

ドル円、また大きく下落しましたね。


今回はこの下落で勝てました。


金曜日、結局ノーポジションで終わったのですが、
朝の5時58分に、89.45で逆指値売りの設定をしておきました。


一旦は上がるだろうという形をしましたが
再度 落ちるならドカーンといくなと思ったからです。


ドカーンの意味は、


いい加減、ここまで落ちれば一旦戻してくると考える人は
当然、ここからロングを入れる。


となれば、多くのトレーダーのストップが

直近安値、もしくは
そこより少し下辺りに大量に存在する。


ならば、そこを割れば、ロング派の全てのトレーダーは全員 
含み損を抱えます

今回のストップは大量ですから、
その大量のストップを巻きこめば一気に下落と思ったからです。


そのほかにも、テクニカルはまだ落ちる可能性を示していたというのも
理由の1つです。


ストップは30pipsにしていました。


朝、目が覚めて、携帯で楽しみにチェックしたら


値が変わってないので?? あれ?と思ったら
120pips落ちていたんですね。


1円間違ってました(笑)


私が決済したのは戻してきてから、、、、


結果は 88pipsで決済。


とりあえず損してないこと、

イメージした通りのトレードをしたこと

これは嬉しいです


しかし、この結果以上に、大事にしていること


それは


負けるにしても、これでダメなら仕方ない!
と思えるというところだけの参加です


それ以外は、誰が何と言おうと、様子見に徹していくこと


これが守れるかどうかが、とても大切かな?と思っています

下手な知識があると、

ここでも勝てそうかな?というところでエントリーしちゃうんです


もちろん、そこに根拠がある人は問題ありませんが
根拠は『雰囲気』、『適当な勘』でやると大変なことになります


タイミングがあって、入れないこともありますが
チャートを見ている間は、『自分の鉄板ポイントだけ』に集中する


エントリーするときには、理由があるんですね。


決して、適当にエントリーしていないということ。


『そろそろ。。。』とか、『この辺りなら大丈夫』とか意味不明のエントリーは
勝っている人でも負けることが多いと思います


エントリーするならば、それなりの理由を
言えることが大事ですね


多くのパターンに対応してエントリーが出来るトレーダーというのは、
『鉄板ポイントが多い』ということです


そして、それらは、『自分の負けから気がついたこと』が大半ではないでしょうか?


もちろん、勝っている人のブログを読んでいくうちに
気がつくことも多いですけど、自分の経験がついていかないと
それらも理解できません


そういう意味では、自分で発見したんだと思います。


失敗トレードをそのまま放置したら、それが一番の失敗です


追記
89.17 L→89.36 19pips


まだトレンドは上という確信がないので早めの決済をしました


今朝はニュースで円高のことを取り上げていますね

円高が止まらない勢いだと。。。


こういうときは逆に円安になる可能性があるのでショートは慎重にですね


私はロングでもチャンスがあれば入ろうと思います。






ユーロドル

昨日、今日とチャートは見ていますが、
タイミングが合わないのと、勇気がないのと両方です(笑)


今日のユーロドルですが

15分 

0917


赤い○のところはエントリー出来ていて良い場所ですが、

ここを、逃してしまいました。


青い○のところは、入れたら良かったのにな~という場所(笑)


しかし、その場を見ていましたが、入れませんでした。


毎回、チャートを見ていても入れない場所、不得意な形があります。


一応、次は入れるように検証っぽいことをするんですけど
それでも不得意な形があるんです。


で、考えました。

やっぱり、入るのを止めた!です(笑)


次の得意パターンが来るまで待ちます!




夢物語は続く

昨日は指標後のトレード以降はトレードしませんでした。

チャンスが来るのを待っている間、だいたい何をしているか?というと

チャートをみて、
もっと良い方法はないものか?と

探したりしています。

あとからチャートをみれば、いくらでもあるんですけどね~(笑)

実際、トレードを目の前にしたとき、ここでエントリーして利益になるのか?と
聞かれれば、どれも100%ではないわけです。

ただ、少しだけチャートを見てきた自分にとって、
ここでエントリーしてダメなら諦めがつくというポイントは存在します。

良い方法を探しているというのは、
このポイントを増やしたいと思っているんです

正確にいうと、ポイントはあるんですけど、
そこにエントリーできるだけの理由付けをしたいんです。

いつも、この話は結論がでないまま終わるんですけど、
これを繰り返してきたことで今のトレードスタイルが出来てきたということは

これを追い求めることを止めてはいけないのでは?と思っています。

チャートを見ている時間って、この検証に使っている時間が
圧倒的に長いですね。

なんか以前より増えた気がします。


マネーパートナーズ







プロフィール
クラークです。 トレード暦 今年で4年です。早いものです。 ただ、これだけの時間がかかっても、まだまだの世界がFXなのかな?と思っています。

クラーク

Author:クラーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
リンク
Twitter
clarkhiroshiを追いかけてみてください。

トレードに使っている業者
スポンサー
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。